かんわのわ|あきらめないがん治療と緩和ケアのお話【東京版】 » 【東京版】緩和ケア病棟がある病院一覧 » 王子生協病院

王子生協病院

王子生協病院の公式サイト画面キャプチャ
引用元HP:王子生協病院
https://oujiseikyo-hp.jp/

緩和ケア病棟がある王子生協病院について調査しました。

王子生協病院の緩和ケア

ニーズに合わせて緩和ケアの形態を選択

王子生協病院では「緩和ケア外来」「訪問診療(在宅緩和ケア)」「緩和ケア病棟」を展開しており、ニーズに合わせてさまざまな状況のがん患者さんの苦痛軽減に取り組んできました。

専門職がチームを組み、地域の医療機関とも連携しながら全人的な緩和ケアを提供しています。

緩和ケアとは?に答える特集ページも用意

「そもそも緩和ケアって何?」という方は、こちらもチェックしてください。

早期と終末期で異なる緩和ケアの目的や、放射線治療で痛みを軽減する緩和照射についてまとめました。

【東京版】
緩和ケアについて
もっと知りたい方はこちら
(特集ページへ)

王子生協病院の緩和ケアの口コミ・評判

患者さん目線の温かみを感じる

非常に良心的な病院だと思います。予約システムが取り入れられたので、待合室も混んでいるものの十分許容範囲です。医師や看護師もテキパキして対応が十分に素晴らしいと思います。生協なので出資をお願いされますが、この体制であれば出資するに値すると感じます。 予約無しでインフルエンザ予防接種が出来たり、最近クレジットカード払いが出来るようになるなど、便利になりました。

参照元HP:Google(https://www.google.com/maps/contrib/102149431560258742909?hl=ja-JP&sa=X&ved=2ahUKEwjQ1vSG94j2AhUQA94KHfRUD7UQvvQBegQIARAP)

スタッフの親切な行動に感謝

以前、やっと杖で歩ける程度の年寄りを連れて行った時のことです。駐車場で車から降ろすのに苦労しているのを、たまたま通りがかった看護師さんが見て、スタッフを3人も連れて迎えに来てくれました。言葉も優しく、親切な行動に、ここに来て良かったと思いました。

参照元HP:QLIFE(https://www.qlife.jp/kuchikomi_621_10747)

王子生協病院の緩和ケア病棟について

病棟の特徴

苦痛を和らげることを目指している

がん患者さんがその人らしく穏やかな日々を過ごせるように、心身の苦痛を和らげることを目指している病棟です。

入院にあたっては、まず入院相談外来を受診し、ご本人やご家族に緩和ケアにおける医療を理解いただいた上で入院判定を受ける必要があります。

病床数と部屋タイプ

差額ベッド料金がかからない個室の数々

王子生協病院の緩和ケア病棟は原則としてすべて個室利用が可能ですが、差額ベッド料金はかかりません。部屋の照明は温暖色、フロアは絨毯張りで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ベッドはリクライニングタイプで、患者さんの状況に応じてマットを選択できます。

緩和病棟の病床数 25床(2022年1月時点)
部屋タイプ 原則すべて個室(2022年1月時点)

王子生協病院の緩和ケア外来について

治療の有無にかかわらず、さまざまなケースに対応

同院の緩和ケア外来は、その時点のがん治療の有無にかかわらず、さまざまな状況のがん患者さんに対応。患者さんが抱える身体的、精神的、社会的な問題を共有し、住み慣れた自宅での生活を支援します。

病状の進行が予想される場合は、療養環境の整備や訪問診療の導入も検討していきます。

王子生協病院の概要

生協による地域包括ケアの実践を目指す

ほくと医療生活協同組合が母体の同院が目指すのは、住民が住み慣れた地域で安心していられるような地域包括ケアの実践。

生協ならではの無料低額診療事業や「なんでも相談会」などを実施し、地域丸ごと健康づくりに力を入れています。

施設名 東京ほくと医療生活協同組合 王子生協病院
診療科目 内科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、心療内科、緩和ケア内科、老年内科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、リハビリテーション科
所在地 東京都北区豊島3-4-15
診療時間 月~土8:45~11:30、13:45~16:00、17:15~19:30
休診日 日・祝祭日
電話番号 03-3912-2201
駐車場の有無 あり(台数は不明)
URL https://oujiseikyo-hp.jp/
       
~がんと向き合うあなたへ~
緩和ケアと治療の
お話

がんの方の生活の質を高めるための「緩和ケア」について紹介しているサイトです。主治医に「治療がない」と言われた方でも受けられる可能性がある治療についてもまとめています。

         緩和ケアと治療の可能性
についてもっと見る