かんわのわ|あきらめないがん治療と緩和ケアのお話【東京版】 » 【PR】「治療法がない」と言われたがん患者の方へ

【PR】
「治療法がない」
と言われた方へ

標準治療以外の
選択肢もある

保険診療と自由診療の画像(イメージ)

国内で行なわれているがんの標準治療とは、現時点で科学的根拠に基づいて受けられる治療、という意味を持っています。

「一般的に広く行なわれている」という意味でもあり、必ずしももっとも優れている治療法とは限りません。つまり、標準治療以外の選択肢もあるということです。

参照元HP:がん情報サービス(https://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/modal/hyojunchiryo.html#:~:text=)

治療をあきらめない医師がいるクリニック

Clinic C4の公式サイト画面キャプチャ
引用元HP:Clinic C4
(https://cccc-sc.jp/)

日進月歩のがん治療においても、再発や転移を完全に抑えることはできないのが実情です。特に、複数の部位に起こる「多発転移」は手術が不可能で、治療は困難とされています。

トモセラピー治療であれば、1回の照射で複数の病巣を同時に治療することが可能ですが、多発性転移がんのトモセラピーは保険適用外です。保険診療で対応できないのは、標準治療の範囲外だからであり、技術的な問題ではありません。

東京都渋谷区にあるClinic C4は、かかりつけの病院で「治療法がない」と言われた人に寄り添い、自由診療によるあきらめないトモセラピー治療を提供しています。

Clinic C4の
トモセラピー治療について
もっと見る(公式HPへ)

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00

Clinic C4のトモセラピー治療の実績

自由診療によるトモセラピー治療を提供しているClinic C4では、保険診療で治療できないと言われた多発性転移がんの方が実際に治療を受けています。その治療の一例をご紹介します。

甲状腺がんの多発転移に対する
トモセラピー治療

甲状腺がんの摘出手術を受けるも3年後に肺転移を起こし、放射性ヨード治療でもがんが進行したケースです。

そこから免疫療法を追加していますが、放射線治療との併用効果を期待してClinic C4を受診、トモセラピー治療を受けました。5か月後にはがんの部分消失がみられ、その後の多発骨転移にも再度トモセラピーを実施、痛みがなくなっています。

※治療の効果は個人差があり、すべての方に同様の効果を保証するものではありません。

参照元HP:Clinic C4(https://cccc-sc.jp/case/case.html?listno=20)

胃がん多発リンパ節転移に対する
トモセラピー治療

胃がんステージ3bで胃、脾臓、胆のうを摘出、抗がん剤治療を受けるも悪化したケースです。

1年後に多発リンパ節転移が出現し、翌年には左鎖骨上、気管分岐部、膨大動脈リンパ節にも転移が広がったためトモセラピー治療を選択しました。治療開始から7か月後、PET-CT検査でがんの完全消失が認められています。

※治療の効果は個人差があり、すべての方に同様の効果を保証するものではありません。

参照元HP:Clinic C4(https://cccc-sc.jp/case/case.html?listno=26)

Clinic C4の
トモセラピーの実績を
もっと見る(公式HPへ)

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00

Clinic C4の
トモセラピー治療の口コミ評判

摘出できない癌をトモセラピーで治療

60歳の妻に、甲状腺転移癌と原発性と疑われる肺癌が見つかりました。

大病院では肺癌の摘出手術を勧められましたが、多数の甲状腺転移癌の摘出は不可能とのこと。青木先生のご判断でトモセラピーを実施してもらいました。

※あくまでも個人の感想です。治療の結果には個人差があります。

参照元HP:Google(https://www.google.com/maps/contrib/103773712898699096879/reviews/@35.671209,139.686769,17z/data=!3m1!4b1!4m3!8m2!3m1!1e1?hl=ja-JP)

がんを制御しながら仕事も遊びもできている

がん専門病院で肺腺がんステージ4と診断され、化学療法を勧められたが抗がん剤はやりたくないと思い拒否したところ、もう緩和ケアしかないと言われました。

当時は諦め掛けていたが、その後クリニックC4でトモセラピー治療を受け約5年が経ちました。

患者に寄り添う治療で、がんと向き合いながら仕事も遊びも出来、感謝しています※。

※あくまでも個人の感想です。治療の結果には個人差があります。

参照元HP:Googleの(https://www.google.com/maps/contrib/107051377388778215725/reviews/@35.671209,139.686769,17z/data=!3m1!4b1!4m3!8m2!3m1!1e1?hl=ja-JP)

先生の親身な対応に感謝

青木先生にセカンドオピニオンを依頼し、快く受け入れていただきました。青木先生の豊富な知識と経験、技術により、癌の再発ではなく別の病気の可能性を示唆していただきました。

クリニックシーフォーさんで治療するには至らなかったのですが、親身に対応していただきました。相談して本当に良かったです。

スタッフの皆さんも、とても親切でした。

参照元HP:Googleの(https://www.google.com/maps/contrib/117481627638303422622/reviews?hl=ja-JP)

Clinic C4の
トモセラピー治療について
もっと見る(公式HPへ)

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00

Clinic C4の
トモセラピー治療の流れ

経験豊富な放射線治療医による
患者に寄り添った治療計画

初診時は経験豊富な放射線治療医である青木幸昌医師が時間をかけて診察を行ないます

必要に応じて血液検査や画像検査を追加し、患者さん一人ひとりに合わせた綿密な治療計画を立案していきます。

受診にあたって主治医からの紹介状やこれまでの検査データなどを用意しておけば、初診の時点で治療方針の方向性が決めやすくなります。

Clinic C4の
青木幸昌院長のプロフィール

公式サイトにある青木幸昌医師のプロフィール画像
引用元HP:Clinic C4
(https://cccc-sc.jp/aboutus/incho.html)

1980年東京大学医学部医学科卒業。同附属病院放射線科助手、都立豊島病院放射線科医員を経て1988年より英国 Royal Cancer Institute留学。

帰国後は東京大学医学部附属病院放射線科講師、同助教授、国際医療福祉大学保健学部放射線・情報科学部教授を歴任。2008年に医療法人社団愈光会Clinic C4設立、現在に至る。

第一種放射線取扱主任者、公益社団法人日本医学放射線学会学会員、公益社団法人日本放射線腫瘍学会学会員、国際個別化医療学会評議員。

Clinic C4の概要

施設名 医療法人社団愈光会 Clinic C4
診療科目 放射線科、腫瘍放射線科
所在地 東京都渋谷区元代々木町33-12
診療時間 月~金9:00~18:00(予約制)
休診日 土日・年末年始
電話番号 03-6407-9407

電話で問い合わせる
平日9:00~18:00

駐車場の有無 あり
URL https://cccc-sc.jp/
(クリックすると公式HPへ移動します)