かんわのわ|あきらめないがん治療と緩和ケアのお話【東京版】 » 痛みの緩和も期待できる放射線治療トモセラピー » トモセラピーによる上衣腫の治療

トモセラピーによる上衣腫の治療

このページでは、上衣腫治療におけるトモセラピーのメリット・デメリットを紹介しています。

トモセラピーで上衣腫を治療するメリット

上衣腫も治療適応

強度変調放射線治療(IMRT)専用の治療装置であるトモセラピーを導入すると、さまざまなメリットが期待できます。IMRTは病巣へ放射線を集中させ、周囲の正常な組織への放射線量を小さくできます。そのため、従来の治療法より高い治療効果を得られつつも、副作用を軽減できます。上衣腫はもちろん、神経膠腫・髄膜腫・髄芽腫、中心細胞腫・頭蓋咽頭腫・網膜芽細胞腫といった疾患も治療適応です。

がん病巣へ正確に狙いを定めて照射できる

トモセラピーは照射前に患部の画像をCTで撮影します。病巣の位置や形を正確に特定できるため、患部を的確に狙いうちできます。形状が複雑な病巣はもちろん、重要器官が密集した部位に発生した場合にもトモセラピーを用いると、より高い治療効果が期待できます。 

患者への負担を軽減できる治療

前述の通り、トモセラピーを採用すると、ピンポイントで病巣へ照射できるため、正常組織へのダメージを抑え、短時間で治療が可能とされています。また、治療には痛みや出血も伴わないことから、患者への負担を軽減できることが大きな魅力です。

トモセラピーで上衣腫を治療するデメリット

照射部位への炎症や吐き気・嘔吐などの症状が見られる場合もあり

トモセラピーは副作用が起きにくいといわれていますが、全く症状が見られないわけではありません。放射線治療後、比較的早い段階であらわれる副作用には、照射された部位に起こる皮膚炎や脱毛、中耳炎、外耳炎などがあげられます。頭痛、悪心、嘔吐、めまい、全身倦怠感などを生じることがあります。

食事の際は、気分のよいとき、食べられるものを食べるのはもちろん、タイミングをみて食べる・少しずつ何回かにわけて食べる・胃への負担が少ない食品を選ぶなど、食べるタイミングや食事内容を工夫しましょう。

晩期合併症が起こるリスク

放射線治療を受けた方の中には、放射線治療が終了して数か月〜数年たってから起こる晩期合併症もあります。副作用の程度には個人差があり。心配なことがある方は、主治医へしっかりと確認しておきましょう。

上衣腫の治療方針を決めるときの注意点

トモセラピーは、がん病巣に狙いを定めて治療するため、正常組織への負担を抑えられる特徴があります。今回ご紹介した以外にもメリットのある治療法ですが、すべての方に適している治療法とはいい切れません。

上衣腫は外科的な手術を勧められるケースもあり、摘出した場合には放射線治療をせずに経過観察をするよう言われる場合もあります。

メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、検査データも踏まえ、主治医とよく話し合うことが重要です。トモセラピーによる治療を受けたいと考えている方は、導入している医療機関を受診し、治療法について医師に相談してください。

       
~がんと向き合うあなたへ~
緩和ケアと治療の
お話

がんの方の生活の質を高めるための「緩和ケア」について紹介しているサイトです。主治医に「治療がない」と言われた方でも受けられる可能性がある治療についてもまとめています。

         緩和ケアと治療の可能性
についてもっと見る